the uncomfortable chair

好きなものや思ったことなど。

PLATINUM PRO-USE 357

prouse357_1.jpg

プラチナのPRO-USE 357、「357」が示すように、0.3 mm、0.5 mm、0.7 mmの3種類の芯径に対応した、多機能ペンタイプのシャープペンシルです。値段は税抜きで3500円。現在は製造中止のようです。

機構は振り子式です。多芯径対応のペンシルにはぺんてるのFunction 357があるのですが、見た目はやっぱりこっちの方がいいですね。グリップ部分は一見するとゴムグリップか樹脂に見えますが、実は金属製です。このグリップはプラチナの振り子式多機能ペンに共通しているようです。PRO-USEシリーズというよりも、多機能ペンシリーズの1つという感じでしょうか。

prouse357_2.jpg

他の多機能ペンでもそうなんですが、ペンシルの先端を出したときにノック部が引っ込んだ状態になるのはあまり好きじゃないんですよね。使っていない状態のノック部の長さに合わせて全体のバランスを考えていると思われるので、何か尻切れになっててかっこ悪い気がします。

prouse357_3.jpg

中をみるとこんな感じになっています。芯はさらに機構部を取り外して入れ替えるようになっていますが、先端から入れたほうが楽かもしれませんね。

prouse357_4.jpg

さらに機構部を取り外すとこんな感じになっています。3本のパイプがありますが、0.7 mm用のパイプだけ太くなっています。0.7 mmの場合はパイプの中に機構部を嵌めるようになっていて、0.3 mmと0.5 mmは機構部の中にパイプを嵌めるようになっています。

そこで気になる芯径のカスタマイズですが、パイプが同じ0.3 mmと0.5 mmは取替え可能なので、例えば、滅多に使わない0.3 mmを外して、0.5 mmをもう一本買って「557」とすることは可能です。しかし、0.7 mm使いの私としては3つの芯径をすべて0.7 mmにして「777」(黒・赤・青の0.7 mm三色シャープ)を作りたい。第一、折れやすい色芯が0.5 mmというのは、実に頼りない・・・。

一見したところ、パイプも嵌め方も違うので無理そうなのですが、0.7 mmの機構部の中に細い方のパイプを嵌めてみると、パイプの太さ程の違いはなく、若干緩い程度なのが分かります。最初、パイプにテープを巻いて隙間を埋めてみようと思ったのですが、テープを巻くほどの隙間でも無いので、ペンチを使ってパイプをやや歪ませてわずかな楕円にすることで長径を拡げ、機構部を嵌めても緩まないようにしました。

prouse357_5.jpg

かくして世にも珍しい、0.7 mmマニア垂涎の0.7 mm三色シャープペンが完成したのですが、「製作するのにどれだけの金がかかったんだ」とかは聞かないでください・・・。

※0.7 mmの機構は日本製品にはほとんど無いのですが、海外のマルチペンではよく使われています。よく知られているものではパーカーのVector 3-in-1で、この機構部もパイプを加工すれば転用可能です。これならPRO-USE 357を追加で買うより若干安くつくのですが、それでももったいないですね・・・。

ちなみに「333」や「555」も作ってみようと思ったのですが、0.7 mm部のパイプに機構部を嵌めると、機構部が奥まで入ってしまうため、こちらは作るのが難しいようです。

※ぺんてるのFunction 357の場合、シャープユニットを加工せずに相互交換することが可能なので、好みの芯径をカスタマイズすることができます(製造中止ですが、Function 599rという0.9 mmのユニット(黒芯と赤芯)が入ったものもあるので、これを含めると4種類の芯径から選ぶことができます)。また「555」には、uni COLORの3色シャープペンがあります。

prouse357_6.jpg

今回初めてuni colorの0.7 mm芯を使ってみたんですが、結構いい芯だというのを「発見」しました。従来のワックスを固めたような色芯とは違い、書き味もさらさらして消え具合もかなり良い。こんなに色芯が進化していたとは、恥ずかしながら知りませんでした。ただ、やはり折れやすいことは否めないので、収納するときはノック部を押さえながらゆっくり入れなければなりませんが・・・。


【参照リンク】
Stationery! Stationery!! Stationery!!! - rotring トリオペン ペンシル

同じような振り子式の多芯径対応ペンシルは、ロットリングからも出ています。こちらでは綺麗な写真で新旧のモデルを見ることができます。中の機構を見てみるとPRO-USE 357とちょっと違うようです。



  1. 2008/10/13(月) 12:00:00|
  2. 0.2 - 1.8 mm
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:21

ZEBRA #2 Mechanical Pencil

zebra2_1.jpg

ゼブラのシャープペンシル、ZEBRA #2。日本では発売されていません。アメリカの方に取り寄せていただきました。「ゼブラNo. 2」とはずいぶん直截的なネーミングですが、これは別にゼブラを2番目に代表するペンシルとかそういうことではないようです。アメリカでは鉛筆で硬度がHBのものは#2と呼ぶことから、鉛筆型シャープということでそういう名前になっていると思われます。ちなみに#1というのはないそうです。芯径は0.7mmのみ、軸の色は2種類あります。

このペンシル、いろいろ考えさせられるペンシルです。まずはその価格。アメリカのオフィスデポでは$3.99。これは1本の値段ではありません。1ダースの値段なのです。現在のレートだと、1本あたり35円!です。機構は悪くないので結構使えるんですが、やはり「35円なんだよなぁ」と思わせるところがあったりします。

zebra2_2.jpg

ノック部には消しゴムつき鉛筆のように消しゴムが付いているのですが、この消しゴム、そのままノックボタンとなっているので、使い切ってしまうとノックボタンがなくなってしまいます。このペンシルの寿命はこの消しゴムに掛かっています。使い切る前に消しゴムが折れてしまう可能性もあります。

軸の色はペイントなのですが、このペイントが剥がれやすい。3日ほど使って少し剥がれだしたのでちょっと爪でこすってみたらこんなに広がってしまいました。

zebra2_3.jpg


このペンシルに感じられるのは、メーカーが「使い捨て」を促しているのではないかということです。この価格で1ダース単位(6本パックもありますが)での販売、消耗品としてのノックボタン、剥がれやすい軸のプリント・・・とても長い使用を考えて売られているようには思えません。今までのシャープペンシルとは違った販売方針のような気がします。ゼブラのような大手メーカーがこんな価格で、しかも100均ではなくオフィスデポのようなオフィスサプライ専門店でこのシャープペンシルを売っているということは、低価格帯といえば1本100円というのが20年以上も続いてきたシャープペンシルの市場に、何か新しい動きを感じてしまいます(大げさですね)。

とはいえ、このペンシルを単なる安物の「残念な」存在と片付けてしまうのには、何か抵抗を感じてしまいます。1週間ほど使ってみたのですが、結構気に入ってしました。まず何といってもその軽さ。「ポストマン」でも上手く測ってくれないくらいの軽さで、5g未満です。軸の長さも12.7cmで、個人的には丁度いい長さです。また、低価格帯でありながら(超低価格ゆえに?)、ゴムグリップが付いてない細軸なのも私の好みです。機構に関しては使ってみて意外と問題ないようなので、消しゴムをできるだけ使わずに軸の剥がれを気にしなければ、メーカーの意向(?)に反して結構使えるのではないかと思います。

zebra2_4.jpg

ZEBRA #2と一緒に同梱していただいたZebra frishaの海外仕様。外見は日本で発売されているものと変わりませんが、海外仕様の芯径は0.7mmになっています。ぺんてるのケリーも海外仕様は0.7mmでしたね。クルトガなんかも海外で発売されるなら、0.7mmで売り出されるのでしょうか?

【参照リンク】
Zebra Pen Corporation - ZEBRA #2 / Cadoozles / Frisha Automatic


zebra2_5.jpg

  1. 2008/07/04(金) 00:30:00|
  2. 0.2 - 1.8 mm
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

Manufactum Drehbleistift

drehbleistift_1a.jpg

このブログのアクセス解析ではリンク先が分かるのですが、たまたまそのリンク先(中国語)で知ることの出来たペンシルです。ドイツの雑貨通販サイトManufactumで売られている、恐らくオリジナル商品かと思われます(arch_proさんあたりならすでにチェック済でしょうか?)。Drehbleistiftというのは「回転式鉛筆」といった意味でしょうか。中国の方は手に入れているようなので、私も独和辞典を引きながら購入しようと試みたものの、どうも日本からは買うことが出来ない模様。そんなわけで、以前メールでやり取りしたことのあるドイツの方と連絡を取り、手を煩わせつつも何とか手に入れることが出来ました。改めてDanke schoen!です。この年末年始、実家に持って行って使ってみたのですが、実になかなかのものです。

drehbleistift_2.jpg

芯径は1.18mm。口金を廻して繰り出す仕組みですが、Autopointのような中押し式ではなく、芯尾部を固定して繰り出す方法です。以前採りあげたWoerther Slightと同じ仕組みですが、個人的にはこちらの方が私は好きです。Woerther Slightは口金と軸の間がピッタリくっ付いてなくて隙間があったのですが(個体差かも知れませんが)、こちらはそういった隙間もなくよくできた作りだと思います。

drehbleistift_3.jpg

軸は直線的な丸軸で、やや太め。このあたり何となく「伊東屋オリジナル」の製品に似ています。軸の形はあまり特徴がないのですが、材質は4種類あり、いずれも特徴あるものとなっています。黒軸はエボナイト製、白軸はカゼイン樹脂、茶色軸は樹脂に布を圧着させたもの、マーブル模様の軸はメタクリレートというアクリルの様な樹脂で出来ています。どれも私が持っているような安物ペンシルには使われることの無いような、ちょっと贅沢な素材です。いずれの軸も1本24ユーロ(約3800円)ですが、もうちょっと高くてもおかしくないかもしれません。私がこの中でも好きなのは、エボナイト軸とカゼイン軸です。カゼインは象牙風の印鑑などに使われているものですが、その質感がペンシルで使えるのが楽しい。

drehbleistift_4.jpg

軸尾部には替え芯が入っています。比較的太めの軸なので、10本ほど入れることが出来ます。軸の長さ(14.5cm)の割には、Yard-O-Ledのような長い芯は入りません。Autopointの替え芯が丁度良い長さになっています。ちなみに1.18mm芯は、尖らせて使うと書き心地が良くなります。刃を使う2.0mm用の芯研器では削りづらいので、、私はやすり式の芯研器を使っています。

こちらのペンシル、最初にも書いたように非常に入手が難しいのですが、是非皆さまにも手に取っていただきたいくらいのおすすめです。知人でドイツ在住の方がいらっしゃれば、頼んでみてはいかがでしょうか。


【参照サイト】
Manufactum.de - Manufactum Drehbleistift


drehbleistift_5.jpg


  1. 2008/01/06(日) 16:00:00|
  2. 0.2 - 1.8 mm
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

Pentel GraphGear 500 (黒)

graphgear500_1.jpg

ぺんてるのグラフギア500。ダブルノック式のGraphGear 1000と同様、0.5mmならスーパーの文具売り場で「吊るし」で売っているくらい、非常によく見かける製図用ペンシルです。今の中高校生ならこのペンシルから製図用シャープを知った方も多いかと思われます。このシャープペンシルの特徴は、やはりこのグリップ部分でしょう。非常によく出来ているし、口金とグリップが一体なのもいい。ただ、このグリップに大部分コストがかかっているのかどうかは分かりませんが、再生プラスチックのグレー軸がちょっと安っぽい。これじゃなければいいのにと思っていたところ、最近、相互リンク先のLexikalikerさんのエントリを見て、海外の方では黒軸があることを知りました(さらに調べると芯径ごとに色が違うみたいです)。同じぺんてるではありますが、その点は海外の方がよく「心得て」いますね。もっとも、国内で売られているグラフギア500は、500円という価格設定による制約があるのでしょうけど(アメリカでは定価6.5㌦のようです)。


そんなわけで、こちらです。

graphgear500_2.jpg

海外仕様、黒軸のPentel GraphGear 500・・・え、何かロゴが違う?
・・・そうなんです、こちらは実は海外仕様ではなく国内のぺんてる製品なんですよ。Lexikalikerさんのところの画像を見て「この黒軸、もしかしたら『あれ』を・・・」と思いちょっと試してみたら、ピッタリだったのです。この黒軸を見て、分かる方はすぐ分かるかと思いますが、軸には同じぺんてるのGRAPHLETを使っているのです。

graphgear500_3.jpg

こんな感じで、グリップから先を取ると全く同じです。グリップの作りが全く違うのでこれには気づかないでいました。

graphgear500_4.jpg

ただ、先端とグリップを取っただけではまだ交換できません。GRAPHLETの方にはさらにまだ金属リングが付いており、これが接着してあるので切除する必要があります。私の場合、やすりで削り、ペンチで摘んで剥し取りました。内部機構は全く同じなので取り替える必要はありません(というよりも、これ以上分解することは困難です)。リングの切除作業以外は実に簡単に取り付けることが出来ます。

ここで使用したグラフレットの軸は手元にあった現行の再生樹脂軸のものなんですが、やっぱりこれも以前使われていた材質のほうが良いですね。私の欲しいのは0.7mmなんですが、まだ手に入るかどうか・・・。

ところで、こちらのノックボタン、これも海外仕様に合わせてあります。これはGraphGear 500のものでもGRAPHLETのものでもないのですが、どのシャープペンシルのノックボタンが使われているか分かりますか?
(ヒントは文章中に・・・)


《参照リンク》
Pentel of America. Ltd - GraphGear 500



graphgear500_5.jpg



  1. 2007/12/08(土) 16:00:00|
  2. 0.2 - 1.8 mm
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

さまざまな4色ペンシル (3) MAGUS 4-color pencil



4色ペンシルの3本目は、MAGUSのペンシルです。MAGUS社というのは詳細は不明なのですが、恐らくドイツのものかと思われます。

このペンシルは前回のUSUSと同様、繰り出し部が軸にありません。もちろんこれもスライド式ではないのですが、USUSとはまた違った機構になっています。この機構が実に面白い。



こんな感じで尾部を引っ張ると伸びるようになっています。この中から出てきたパイプ部には溝があるのですが、この溝を軸の端にある色表示のに合わせて尾部を押し戻すと、先端が出るようになっています。内部は分解できないのですが、恐らくスライド式と似た仕組みだと思われます。この状態で尾部を廻すか、クリップ付近にある■型の引っ掛け用の穴を押すと、先端が収納されます。このちょっと大掛かりな先端を出す仕組み、やってみると楽しい。画像だけでは上手く伝えられないのが残念です。



先端部分は長い状態のみでやはり少し斜め気味に出ます。USUSほどではないでしょうが、おそらく4色ペンシルの中では古い部類になるかと思われます。ミントコンディションだったので回転繰り出しもスムーズです。



他のペンシルと同じように尾部は替え芯入れになっています。芯を入れるスペースは結構広く、奥行きも3センチくらいの芯が入るようになっています。とはいえ、繰り出し部には長くて2センチほどしか入りません。

今まで紹介した4色ペンシルは、現在もその仕組みが多色ボールペンなどで受け継がれていますが、このMAGUSの仕組みはこのペンシル以外、管見の範囲では見当たりません。確かに、ちょっと芯の色を変えるときにこれではめんどくさいし、製作するのに複雑なのもあるのかもしれません。ただこのカチャカチャと軸を伸ばしたり戻したりする何か合体変形ロボットの玩具みたいな感覚が、個人的には他の機構よりも気に入っています。







  1. 2007/12/07(金) 22:30:00|
  2. 0.2 - 1.8 mm
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
前のページ 次のページ