the uncomfortable chair

好きなものや思ったことなど。

SUN-STAR Shapuru

sharpuru_1a.jpg

このブログのエントリを見ていればお分かりかとは思いますが、国内の製品なのに海外製品っぽいデザインが好きな訳です。今の「とりあえずラバーグリップ」や「安っぽい透明軸」に見られる国内製品の風潮(最近では海外製品にも及んでいますが)に反発したいというのもあるかもしれません。OHTOみたいに「硬派な」黒いゴムグリップなら私は好きですし、透明軸にしたって、ALVIN ”Scott" B2のような安っぽいけど綺麗な透明軸だってあります。現行の国産品は何であのグリップで何であの透明色軸なんだと思う訳なのです。ロットリングのTikkyⅡがコンビニで売られていることからも分かるように、決してあのゴムグリップや透明軸や太軸だけが受けているわけではないと思います。

・・・という不満はともかくとして、今でも文具店を探せば、売り場の隅に居づらそうに埃をかぶった素敵なデザインの廃番品を見つけることが出来ます。私にとって文具店巡りの楽しみの半分以上は、こうした興味深い意匠を見つけることにあります。ちなみにその次の楽しみは、古くからの感じのいい文具店がある街をさがすこと。定番のレア品コンプリートなんて、実際は三の次以下だったりします。

そんなわけで海外っぽい日本製品、サンスターのシャープル。サンスター文具から出ていた100円シャープペンシルです。水に溶けるスパイ手帳とか象が踏んでも壊れないとか電子マチック筆入とかの、あのサンスター文具の製品です。函館の文具店で半分色あせた状態のを手に入れました。廃番低価格帯シャープの例に漏れず、これも函館以外で見たことがありません。確か、すずみ河原さんもお持ちのはずですが、恐らく同じ店で購入されたのでしょう。

sharpuru_2.jpg

これが軸に貼ってあったシールです。この感じ、80年代前半あたりと思われますがどうでしょう。ヘボン式ローマ字の綴りで長音記号をつけて「シャープル」と読ませるあたり、サンスターっぽいですね。

sharpuru_3.jpg

私が気に入っているのはこの口金。パイプ部分と口金が一体となっていて美しい。ぎざぎざ部分の加工も素敵です。こんな先端を100円シャープに使ってしまっていいのかというくらい贅沢です。

先端に全力を傾けたかどうか知りませんが、あとは低コスト化?を図った作りです。

sharpuru_4.jpg

チャックとリングはプラスチック製。写真ではよく分かりませんが、チャックは内部パイプと一体になっています。パイプの先が膨らんでいてそこに割れ目を入れてチャックになっているという簡単な作り。ノック感ははっきり言って安っぽい。あの「カチカチ」というノック音はしません。ノックするたびにスプリングがキーキー言ってます。

sharpuru_5.jpg

尾部にも消しゴムは無く、ノック部もいたってシンプルです。
シンプルなシャープだからシャープル・・・と言う訳でもないですよね、つづりも違うし。

sharpuru_6a.jpg

こちらは最近見つけた芯ホルダー。感じがShapuruに似てませんか?
これはロシア(ソ連)のКИМЕКというメーカーの芯ホルダーです。ちなみにКИМЕКはアクセントが分からないので「キミェーク」と読むのか「キーミク」と読むのかは不明です。社会主義国を思わせる飾り気も何も無い無骨な作りです。

シャープルは、全体的には安っぽいのですが、軽くて使いやすいしデザインもいいので気に入っているシャープペンシルの1つです。前も言いましたが、こういった個性的な国産品は80年代の前半まではあったと思いますが、今では見ることが出来なくなりましたね。

sharpuru_7.jpg

  1. 2007/08/26(日) 15:44:41|
  2. 0.2 - 1.8 mm
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<Papermate Pro-Touch II | ホーム | Mitsubishi B's>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://chair.blog4.fc2.com/tb.php/56-915b2f9a