the uncomfortable chair

好きなものや思ったことなど。

Scripto 双頭式

doublescripto(1)a.jpg

アルミ軸と樹脂軸の取り合わせが素敵なScriptoの双頭式です。
以前も同じような双頭式ペンシルを紹介しましたが、
今回手に入れたものは透明軸ではありません。
とはいえ、やはりこれでも綺麗ですね。
Twinpointでもアルミ軸とかあるといいんですけどね。

繰り出しの可動部が通常の単頭式とは違い比較的前にあるので、
「片手繰り出し」が出来て使いやすくなっています。
また、単頭式同様、回転で芯を戻すことも出来ます。
ただ、Scripto専用の長い芯ではなく短い芯を使用します。

ところでこのペンシルを振ってみると、何かカタカタ音がします。
何か入っているような感じです。 繰り出し部を外してみると・・・。

doublescripto(2).jpg


細長い茶筒のようなケース。これは・・・。

doublescripto(3).jpg

替え芯用のケースでした。Woerther Slightみたいですね。
道理で繰り出しの機構の割には長いわけです。

だとすると、こちらの透明軸の方にも何か入っているのでしょうか?
軸の長さは上のものよりも短いのですが・・・。
doublescripto(4)a.jpg


果たして、覗いてみると何か入っているようです。
割り箸でつついて出してみると・・・。

doublescripto(5).jpg

消しゴムが出てきました。 軸尾によくついているようなものです。
…って、ここまでしないと使えない消しゴムに
一体何か意味があるんでしょうかね?
スポンサーサイト
  1. 2006/12/10(日) 00:00:01|
  2. 0.2 - 1.8 mm
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<A.W. Faber Castell TK 9441など | ホーム | Spiral Pencil (Autopoint / Dur-O-Lite)>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://chair.blog4.fc2.com/tb.php/43-ae42b555