the uncomfortable chair

好きなものや思ったことなど。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

NEWMAN 四色式

kanoe1.jpg

まだ三月ですが、今年最高の発見かもしれません。
(上の画像をクリックすると大きな画像が見れます)
以前、甲府の某文具店で「展示用」として置いてあったのを
見た(いじらせてもらった)頃から
ある筈ないだろうと思いながらも探していたものです。
(似たようなものが世田谷のボロ市で3万円で売っていてたまげました)

これはそんなボロ市ではなく、街の小さな文具屋でみつけたもの。
ショーケースの下にあった売れ残りの箱をたまたま見せてもらったところ
一本だけこれがあり、しっかり定価(当時)の500円で購入しました。
恐らく1950年代初期のものでしょうか?
よくもまあ残っていたものです。


これ、ウィルソンの4色ボールペンに似てますよね。
仕組みやデザインは、このあたりに出ていた4色ペンを
元ネタにしているのかもしれません(参考サイト)。

とはいえ、これは「ボールペン」ではありません。
ボールペンだったらこの年代には恐らくないはずです。
これ、ニューマン製ということからも分かるように(?)
4色シャープペンシルなのです(黒・赤・青・緑)。
こんな時代に黒・赤はまだしも、青・緑もあったのですね。

ちなみにニューマンは0.2mm芯を出していたことから、
1960年代あたりの製図用シャープペンのメーカーというイメージが
あるかもしれませんが、ボールペン以前に新聞記者が使っていた
「回転繰り出し式速記用シャープペン」の代表的メーカーだったとのこと
(と、甲府の某文具店のご主人の受け売りです)。

kanoe2.jpg

クリップには「KANOE」の文字が。
某文具店のご主人は「カノエさん」と人名のように呼んでいました。
ニューマン製品でありながらKANOEとあるのが気になります。
なおKANOEではこんな回転繰り出しのシャープペンがあります。

kanoe3.jpg

ポイントを出すメカニズムはウィルソンのものと同じですが、
それだけではなく、短くなったらこのポイントを更に押し出し
回して繰り出すようになっています。このあたりの仕組みがたまりません。

芯径は1.18㍉でしょうか?
黒ならまだしも色芯はまず見つからないでしょうから、
1.3㍉のTeachy's用芯を削って使うといいかもしれません。

kanoe4.jpg

気に入ってしまったので別の角度から。

それにしてもこのシャープが500円で手に入ったのがうれしくて。
これだから文具店巡りはやめられません。


※追記※
こちらで別の種類のKANOE4色ペンシルを見ることができます。
Vintage Mechanical Pencilの魅力
スポンサーサイト
  1. 2006/03/19(日) 13:33:40|
  2. 0.2 - 1.8 mm
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:7
<<AUTOPOINT All-American 再び | ホーム | TOMBOW MARKINGHOLDER>>

コメント

ほんとに止められませんね・・・(笑)

トラックバック&リンク&色々とありがとうございます。
そっくりですね。ウィルソンと・・・ しかし、BP
ではなく、MPとは!!
状態がかなり良さそうですし、芯さえなんとか
なれば、使う楽しみもまた最高ですね。


  1. 2006/03/19(日) 23:22:31 |
  2. URL |
  3. luckymarimo #IXV7FlQ6
  4. [ 編集]

Re

ちょっとした赤錆が気になる程度で、ちゃんと使えて状態はいいです。
あとはTeachy'sの芯が使えるかどうかですね。
とって置くのは嫌なので、できるだけ使おうかと思ってます。
(でも結構重いので気軽にってわけには行きませんが)

文具店巡りはこういった思いがけない出会いや
自分の知らないものを発見する楽しみがあるのでやめられません。
marimoさんもこういう大発見があったら教えてくださいね。
  1. 2006/03/21(火) 15:50:35 |
  2. URL |
  3. isu #uaIRrcRw
  4. [ 編集]

お久しぶりです

http://members.jcom.home.ne.jp/mori/fullhalter/collection53.html
↑これと同じ構造みたいですね。3万のってこれのことでしょうか。

しかしスゴイ物を見つけましたね。。。
  1. 2006/03/25(土) 14:05:34 |
  2. URL |
  3. 天南星 #HHA7cJ86
  4. [ 編集]

Re:お久しぶりです

モンブランのスターリングシルバーですか・・・
68年当時で6,500円っていうのも結構な値段ですね。
ボロ市で3万円で売ってたのは丸軸でもっと安そうな感じでした。
(安そうでぞんざいに置かれてたのに3万だったので驚いたのですw)
この手の多色ペンシルは50年代に各社から出されていたみたいです。
ちなみに上のクリップの画像を見ると、KANOEの上に"PAT"と
書いてあるのですが、もしかしたらKANOE式とかいう特許出願された
仕組みなのかもしれませんね。

これを見つけたときの取り乱しようときたらw
他にも面白そうなものが一緒にあったにもかかわらず
これだけ買ってそそくさと文具店を出てしまいました。
  1. 2006/03/26(日) 13:59:00 |
  2. URL |
  3. isu #uaIRrcRw
  4. [ 編集]

アメ横で

BPとシャープを両方見つけましたが、
両方、1万円でした・・・ (T T)

箱と説明書がついてましたが、カノエで
間違いなかったです。
おじさんも「昔、カノエってあったんだよね」
って言ってましたし(笑)。

見つけたときは、びっくりでしたが
各1万円とは・・・ トホホ。(笑)
  1. 2006/03/30(木) 00:40:17 |
  2. URL |
  3. luckymarimo #IXV7FlQ6
  4. [ 編集]

Re:アメ横で

一万円ですか・・・

個人的には「ちょっと無理してでも・・・」くらいの値段ですね。

KANOEというのはメーカーなのか仕組みの名称なのか
よく分かりませんね。NEWMANとの関係も気になります。
説明書も見てみたいです。
  1. 2006/04/01(土) 12:02:41 |
  2. URL |
  3. isu #uaIRrcRw
  4. [ 編集]

追記

4色シャープ対応の色芯ですが、
ここにある1.1mmの芯が使えるようです。
http://www.autopointinc.com/leadrefills.html
これで芯が切れても安心です。
探している方も安心して(?)探してください。
  1. 2006/04/09(日) 23:14:45 |
  2. URL |
  3. isu #uaIRrcRw
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://chair.blog4.fc2.com/tb.php/27-1a8ceb78
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。