the uncomfortable chair

好きなものや思ったことなど。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

無印良品「ABS最後の1mmまで書けるシャープペン」



最近「普段使い」で好んで使っているのがこのシャープペンです。ABS軸が多少チープな感じもしますが、価格も手頃(税込450円)で、ファミリーマートあたりでも手に入るので気軽に使えるのがいいのですが、それだけではなく機能面でも気に入っています。

このシャープペンの特長は、そのものズバリの商品名「最後の1mmまで書けるシャープペン(以下「最後の1mm」)」が示す通り、最後(1mmは大げさですが)まで先端で芯をホールドするため、残り芯が少ないという点にあります。先端部はパイプではなく芯ホルダーのようなクラッチ(先端チャック式)になっており、先端ギリギリのところまでこのクラッチで芯を掴むため、芯が最後まで抜け落ちることなく書けるようになっています。このタイプの機構を持つシャープペンは、プラチナでは「ゼロシン」、パイロットでは「クラッチポイント」という商品名で売られています。「最後の1mm」を含めこの3本は、おおよその作りは同じですが、それぞれ微妙に違っています。


左: プラチナMZ-500A、右: パイロットHGWN-150R

プラチナのMZ-500Aは「最後の1mm」と同価格帯(500円+税)、パイロットのHGWN-150Rは「クラッチポイント」機構を持つ現行品では最も低価格(1,500円+税)のものです。パイロットでは以前500円のクラッチポイントが出ていたのですが、現在は廃番のようです。



この機構のシャープペンは、芯が出る際に先端が前に出ます。1度のノックで、先端チャックが閉じた状態(A)から、先端が前に出ることで先端チャックが開き(B)、その後で内部のチャックが開いて芯が出る(C)仕組みです。この先端が動く仕組みのため、芯の出具合を確認しにくく結構ストレスを感じるのが、先端チャック式の難点と言えるかもしれません。「最後の1mm」は、他の機構に比べてこの先端の動きが比較的抑えられています。また、2回目以降のノックで、(A)まで戻らず(B)の状態で留めて(B)→(C)→(B)→(C)…を繰り返せば、先端を動かすことなく芯を繰り出すことができるのですが、「最後の1mm」以外の先端チャック式シャープペンは、この(B)で留めるのが難しいように思われます。

※ちなみにパイロットのクラッチポイントは「グランセ」の機構にも採用されていますが、こちらの方は高級なだけあって(5,000円+税)作りもしっかりしており、ノック時の先端の動きも抑えられているようです。

さらに「最後の1mm」が優れている点は、他の先端チャック式シャープペンにはないクッション機構を有している点です。お手頃価格のシャープペンですが、先端チャックにクッション機構と、実に「豪華な先端」になっています。



「最後の1mm」を分解してみるとこんな感じになります。軸尾部はクリップを付けない状態で組み立て直すこともできます。また、内部パイプを切って若干短くすることで、ノックボタンの長さも調節できます。さらに、先端チャックと内部チャックの各パーツをマイクロドリルで拡げることで、0.7mmや0.9mm芯の先端チャック式シャープペンを作ることができます。0.7mm芯ならば0.5〜0.6mm、0.9mm芯ならば0.7〜0.8mmのドリル刃を使って拡げていきます。



それぞれのパーツは穴を拡げすぎると元に戻せないので、徐々にドリルで拡げ、何度か組み立ててみて、上手く繰り出せるか確認しながら作業するのが良いかと思います(個人的な経験では、削る時間が短いほど上手く行くようです)。特に、先端チャックは内部チャックと違い、実際に組み立ててみないとどれだけホールドするかが分かりにくいので、注意が必要です。



手前が現在私が使っている「最後の1mm」です。芯径は0.9mmでクリップを外し、デフォルトでは若干長めになっているノックボタンを短くしています。丸軸のためコロコロ転がってしまいますが、頻繁に使う場合はクリップなしの方が断然書きやすくなります。




最後になりますが、この「最後の1mm」の軸を見て、これは以前三菱鉛筆から発売されて現在廃番となっている、milino(ミリノ)ではないかと思われた方もいらっしゃるかもしれません。私もそう思い、文房具店を探してやっとミリノを見つけたのですが、確かに比べてみると、とりわけ手前のM5-510は見た目が全く同じように見えます。



しかしながら、機構に関して言えば全く別物です。先端チャックは「ゼロシン」と似た形で、ノック時の先端の動きも「最後の1mm」より大きく、さらにクッション機構もありません。しかも口金を外すこともできず分解もできないようになっています。形状がこれだけ似ているので、ミリノは「最後の1mm」のいわば「元ネタ」なのでしょうが、何故機構がこれだけ異なっているのかが気になります。私が持っているミリノは初期のもので、廃番になる前に「最後の1mm」と同じ機構になり、無印良品へと受け継がれたのかもしれません。そのあたり何かご存知の方は教えていただけたらと思います。

スポンサーサイト
  1. 2014/06/24(火) 00:30:00|
  2. 0.2 - 1.8 mm
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。