the uncomfortable chair

好きなものや思ったことなど。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

Pentel P300 (0.7 mm)

以前、何とは無しに買ったもので後で気になりだす物があります。 まあ、「何とは無し」とは言っても、多少気になっているので買っていたのかもしれませんが。



ぺんてるのP300。太軸で0.7mmのシャープペンです。 自転車で行ける距離にある、廃番品探しでは馴染みの文房具店でかなり前に買ったものですが、太軸で芯径0.7mm以上のペンシルを探しているという知人の話を聞き、そういやと思い、箱の中を探して「見つけ」ました。
改めて弄ってみると結構気に入ってしまったので、こちらは私の分として、知人用に再び買いに行った次第。 確か何種類か軸色があったと憶えていたのですが、



これだけあるんですね。もちろんここに写っているのですから、すべての色を購入しちゃいました。価格は800円×4本=計3200円。

クリップに縦書きでPentelとあるのですが、現行のロゴながらちょっと古めです。 恐らく70年代後半あたりのものでしょうか? 0.7mmの芯径といい、派手目な色のラインナップといい、軸の太さといい、欧米向けにも作られていたかもしれません。

色使い以外は取り立てて冒険の無いデザインですが、この軸中央から口金まで向かう線が、最近はもっぱら細軸使いの私でもフィットしてしまいました。

この口金ですが、ご覧のように、



ケリーと同じ形をしています(但し互換性はありません)。

地味でありながら800円もするのですから、作りもそれだけのものがあります。


内部はオールメタル。 口金との接合もこの内部の金属部分なので、プラスチック軸との接合とは違い劣化しにくく、口金も緩みにくい。軸とノック部はプラスチック製ですが、部品がシンプルな作りだけあって丈夫そうです。


国内メーカーのシャープペンシルの歴史で、機能とデザインが良かった全盛期は、70年代中盤から80年代中盤ではないかと私は思っています(具体的に言えば三菱のペッカーから、旧モデルのパイロット2020ROCKYあたりまで)。 シャープペンシルが手頃な価格となり、デザインが多様化していった時代。それでいてなおかつ現在ではなかなか見られないmade in Japanの重厚で丁寧な作り。 これは別にシャープペンシルならずとも、例えばラジオなどの家電製品にも同じようなことがいえることかもしれませんね。



スポンサーサイト
  1. 2007/01/14(日) 12:37:51|
  2. 0.2 - 1.8 mm
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

A.W. Faber Castell TK 9441など

TK9441_1.jpg

今年最初のエントリはまず、ファーバーカステルの芯ホルダーTK9441です。
TK9441は比較的最近まで売られていたにもかかわらず
何故か入手困難な上に、その「カッコいい」とでもいうべき姿から、
マニア垂涎の芯ホルダーの1つとなっております。

とはいえこのTK9441は、すでにdestijlさんがこちらで十分に紹介していますので、
私の方からは別の形で・・・


↓さて「別の形」とは? それは続きを。。。
[A.W. Faber Castell TK 9441など]の続きを読む
  1. 2007/01/05(金) 01:01:42|
  2. 2.0 - 5.8 mm
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。