the uncomfortable chair

好きなものや思ったことなど。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

Alvin "SCOTT" B/2

SCOTT1

芯ホルダーには珍しい鮮やかさを持つAlvinの"SCOTT" B/2です。
透明軸から透けて見えるスプリングがかっこいいですね。

SCOTT2

内部のパイプに白の樹脂を使うことで、中の機構がより見えるようになっています。
日本のメーカーがもし作ったら、透明パイプを使って
中の芯の汚れまで透けさせたり、ラバーグリップをつけたりして
透明軸を台無しにしまいそうなところですけどね。
ノック部も樹脂製なので、全体的に軽くなっています。

SCOTT3

クラッチは4つで、KOH-I-NOORの芯ホルダー
同じロボットアーム式(勝手に命名)です。ノックは比較的強め。


Alvin "SCOTT" B/2は現在、国内では発売されていません。
海外通販では、おなじみDraftingsteals.comで入手できます。
一本あたりの値段が安いので、送料を考えると
他の芯ホルダーと一緒に買うのが良いかもしれませんね。
(ちなみに色の選択は出来ないようです)
スポンサーサイト
  1. 2005/07/22(金) 16:54:19|
  2. 2.0 - 5.8 mm
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

KOH-I-NOOR LEADHOLDERS

KOH-I-NOOR1

私の好きなコイノールの芯ホルダー2本。
ちなみに上にある芯削りはVEROSというメーカーのものです。

KOH-I-NOOR2

上がSuper Adapto 5616、下がTECNIGRAPH 5611。
("TECNIGRAPH"は決して綴り間違いではなく、軸に書いてある通りです)
5616はメタル軸、5611は樹脂軸です。
重心が前にあって軽い方が好きなので、私は5611をよく使っています。
ただ、5611はグリップ部分と樹脂軸は接着剤で接合しており、
この部分がちょっと弱いかもしれません。
境目に力を入れると折れてしまうおそれもあります。
(実際この境目部分で一本折ってしまいました)

KOH-I-NOOR3

クラッチは4つで、一般のものよりも大きく露出しています。
クラッチが大きい分、ノックが軽いにもかかわらず
ホールドはしっかりしています。
何かロボットアームみたいですよね。

Koh-I-Noor 4

TECNIGRAPH 5611とZEBRA DELUXE HARD(赤)。
何か似ているので並べてみました。
コイノールの芯ホルダーを経由して眺めてみると、
このボールペンのデザインもおしゃれなイタリー製に見えるかも?

KOH-I-NOOR TECNIGRAPH 5611、Super Adapto 5616は
いまのところ国内では発売されていません。
海外通販では、5611はこちら、5616はこちらで入手できます(カード決済)。
5616が入手できるサイトでも5611を買うことが出来ますが、
draftingsteals.comのほうが送料も安く(10ドル程度)、
届くのも早いのでおすすめです。
  1. 2005/07/22(金) 16:12:53|
  2. 2.0 - 5.8 mm
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

Autopoint Twinpoint

Twinpoint1

米Autopoint社のTwinpoint。
両方から書くことの出来る変わった作りのシャープペンです。

Twinpoint2

全体の画像。
もちろんノック式ではなく、先の部分を回して繰り出す仕組みです。

Twinpoint3

繰り出し部はこんな感じになってます。
芯を金属棒で押し出す仕組みです。
押し出すだけなので、芯を引っ込めるには、繰り出した分だけ
逆に回して、外から押して戻さなければなりません。

Twinpoint4

Twinpointで使用する0.9mmの色芯はあまり種類はありませんが、
探してみると結構見つかったりします。
ぺんてるのColor Leadsは赤・青・緑・黄色があり
比較的手に入りやすいのですが、4本100円は少し高め。
一番いいのがパイロットのCOLOR LEADSで、18本入り200円ですが、
あまり売っているところを見たことがありません。

0.9mmの赤芯は意外にも古い製品の方があるようです。
ASTERの2色入りは、コンパス用のものでしょうか?
(ちなみにこの長さはTwinpoint用に向いています)
ニューマンの0.9mm替芯は時々見かけますが、
0.9mmのシャープペン本体は見たことがありません。

Twinpoint5

「貧乏削りのボールペン」ことVESTA TWIN BROSと一緒に。
「貧乏削りシリーズ」として鉛筆、ボールペン、シャープペンと揃えて
ペンケースに入れておくのも楽しい?かも知れません。
ちなみに芯ホルダーではこんなのもあるようですね。
どういう仕組みなんでしょうか?

なお、Twinpointは国内では手に入らないようですが、
こちら(海外通販・カード決済)で購入できます。
送料も安め(6ドル程度)で1週間ほどで届きました。
  1. 2005/07/22(金) 10:50:38|
  2. 0.2 - 1.8 mm
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:9

Conte Criterium 2663

criterium

仏Conte社のCriterium。銀一色の直線的なデザインは、
何かいかにもな近未来っぽい?印象を与えてくれます。
まあ、太刀魚にも似てますかね。
ちなみに背景は昔の広告をプリントしたTシャツです。
(Tシャツはこちらで手に入ります)

Criterium2

先端部。クラッチには溝がなく、挟んでいる感じです。
ただノックは比較的重いので、ホールドはしっかりしています。

Criterium3

これがノック部。MARS780Cと同じように、外側に芯削りがついています。
青いのは消しゴム。芯ホルダーでは珍しいですね。
なお、本体はすべて金属というわけでなく、内部パイプは樹脂製です。



Criterium4

グリップが似ているトンボ「高級製図用細シン・ホルダー(0.7 mm)」と一緒に。
私の好きな回転繰り出し式です。
(「高級製図用細シン・ホルダー」は改造まにあさんからのいただきものです)

Conte社はBic社と経営統合したため、CriteriumはBicブランドでも
出ているようですが、現在も発売されているかは不明です。
  1. 2005/07/21(木) 15:00:53|
  2. 2.0 - 5.8 mm
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。