FC2ブログ

the uncomfortable chair

好きなものや思ったことなど。

RHODIA scRipt mechanical pencil

rscript01.jpg

直線的な六角軸とアルマイト処理された軸の色が美しい、ロディアのスクリプトシャープです。ぺんてるケリーを思わせるような口金の曲線も凝っていて、私の好みです。2016年に発売されたオレンジ、ブラック、シルバーと2017年限定のブラウンに加え、2018年はネイビーが限定色として発売されました。

rscript02.jpg

太めの六角軸は指との接触面も大きく、その分持ちやすくなっています。また、粗めにヘアライン加工された表面も程よい感じで、ツルツルと滑るのではなく、サラサラとした触り心地です。がっしりとして質感の良い金属軸ではありますが、18グラムで重い印象はあまり受けません。

rscript03.jpg

先端のスリーブはスライド式になっています。製図用シャープ並みにスリーブが長く、最長で4ミリほどの長さになります。また、内部はクッション機構です。スライドスリーブとクッション機構の組み合わせなので、以前紹介したプラチナ「ハヤーイ」のように「簡易先端プッシュ」ができます。書いているうちに芯の量が足りないと思ったら、先端を紙面に押し付け、離してみましょう。するとスリーブだけが後退して芯が出てくるので、ノックしなくてもまた書き続けることができます。スリーブが長いので、三回ぐらいはノックせずに先端プッシュで書きづづけることができるかと思います。

rscript04.jpg

軸はやや短め(全長128ミリ)で、手に収まる扱いやすい長さです。短めの軸やスライドスリーブになっているのは、シャツやズボンのポケットに入る長さや、ポケットの中でパイプが引っ掛からないのを意識しているのかもしれません。またクリップが比較的長めになっているのも、ポケットから抜け落ち難くするためのように思えます。ロディアの製品ですから、サイズからして「ブロックロディア」No.11やNo.12あたりと一緒にポケットに入れることも念頭に置いているかもしれません(画像のブロックロディアはNo.12)。

rscript05.jpg

短軸でありながらクリップは長めに作られているため、筆記時には手に当たりやすくなっています。また、軸に合わせて幅広の平らな面になっているため、この面を下にしてクリップを指に乗せるときは、指とクリップとの接触が大きくなります。軸の方はヘアライン加工で滑りもあるのですが、このクリップは艶出し加工で滑りにくいので、接触が大きいと指にくっつき、引っかかりを覚えます。クリップの表面もヘアライン加工になっていると、この引っかかりは軽減されるかもしれません。

ちなみにブロックロディアを使うときは、例の濃い罫線に通常の0.5ミリ芯の描線では「負け」てしまうので、Bぐらいの濃さで、あえて軸は回さずに偏減りの状態のまま太字にして書くのが良さそうです。この使い方だと、クリップに指が引っかからずに書くことができます。

rscript06.jpg

中を分解するとこのようになっています。がっしりとした外側の作りに比べて、中はプラチナのプレスマンあたりでも見られるような、シンプルな軽めの機構です。これを見て、値段(税抜2,400円)の割に安っぽいと感じる人もいるかも知れません。とはいえ、ここで金属パイプやら何やらを使って不必要に重たくするよりは、この方がいいのではないかと私は思います。ちなみに私の場合、既存の状態ではノックボタンが出過ぎているように思えたので、パイプ(芯が入っている部分)を5ミリほど切って短くしました。また、画像にあるように、消しゴムとノックボタンをつける尾部のパーツにマスキングテープを巻くと、筆記時に中でカタカタと音がするのを防ぐことができます。

なお、この内部機構について一点注意を。今回発売された限定軸のネイビーを触っていて気づいたのですが、このネイビーでは、中のチャックが金属になっています。従来のスクリプトでは樹脂チャックで、クリック感も手応えもない出し心地が自分としては不満だったので、この仕様変更は喜ばしいことです(ちなみに以前買ったオレンジ軸の方は、オートの古いクッション機構シャープの部品を使ってなんとか金属クラッチにしています…)。聞いた話によると、今後ネイビーだけではなく従来の軸でも樹脂チャックから金属チャックへと仕様変更する予定だそうなので、ネイビー以外の軸が欲しい方はもう少し待ってみるのが良いかもしれませんね。


【関連リンク】
RHODIA scRipt
point push-maticの謎 - Platinum Hayaai
(もう11年前の記事になるんですね…)

スポンサーサイト
  1. 2018/10/28(日) 00:00:00|
  2. 0.2 - 1.8 mm
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Faber-Castell e-motion twist pencil (pure Black)

emo01.jpg

メモや考えをまとめるとき、太芯のシャープを使って大きな字でサラサラと走り書きさせるのが好きです。一般的なシャープの芯径である0.5ミリだと、小さな字を書くのには向いていますが、素早くラフに字を書いたり線を引いたりするのには、どうも引っかかりを感じてしまいます。また、大きめの字で書く場合、芯の減りも早くなるので、細芯では芯を出す頻度も多くなります。こういった用途においては、0.9~2.0ミリあたりの芯を使いたいところです。

emo02.jpg

今回紹介するファーバーカステルのエモーションシャープは、そんな用途に合った1.4ミリの芯です。エモーションといえば木軸というイメージですが、このピュアブラックは金属軸です。全体がマットブラックで統一されていて、胴体部分にはアヤ目(菱形)の溝が入っています。このあたりの意匠が、どこか製図用シャープのようでもあります。

emo03.jpg

軸はアルミ製で内部は主に樹脂パーツで構成されていますが、口金と軸尾が肉厚の真鍮製のため、全体の重量は36グラムあります。筆記具としてはかなり重い部類に入りますが、短めの軸(芯を出さない状態で12.5センチ)ということもあり、取り回しにくい印象はそれほどありません。

emo04.jpg

私の場合、軸後方を人差し指の第二関節と第三関節の間に置き、そこを支点として指先には力を入れずに軽く握るようにしています。重心は若干後寄りのため、先の方は持たずに、口金より後ろ・軸の前半分あたりを持つと動かしやすいと思います。ただし筆記状況によっては、クリップが若干引っかかって気になるかもしれません。

emo05.jpg

機構は回転繰り出しで、軸尾を回して芯を出します。芯は回し切ると芯受けから押し出されるようになっています。芯を取り付けるときは、回しきった状態から若干戻したあと、先端から芯を入れて芯受けに嵌めます。予備の替芯は、口金を外すと中に6本ほど充填することができます。

emo06.jpg

ちょっと気になるのは、軸尾パーツをぴったり嵌めると、繰り出す際に軸と軸尾が接している部分でこすれる音がする点。どうしても気になる場合は、軸尾パーツと軸との間にほんの少しだけ隙間を開けておくと良いでしょう。

emo07.jpg

軸尾を回して繰り出す方式は、他の方式に比べ持ち替えるのに手間がかかります。そこで何度も繰り出す作業をするのは面倒なので、私は芯を長めに出して使っています。1.4ミリの太さなら、折れる心配もまずありません。

emo08.jpg

1.1ミリ以上の太芯は削った方が書き味がいいので、削って使うようにしています。2.0ミリ芯ホルダー用の芯削りを使えば、芯をうまく削ることができます。紙やすりで研いでも良いかと思いますが、勢いで口金を削ってしまう恐れがあるので、注意が必要です。

emo10.jpg
その他の1.4mmシャープと替芯。カステルとラミーはB、スタビロはHB(それぞれ6本入り)。

エモーションが採用している1.4ミリ芯と似た太さの芯では、1.3ミリの芯があります。1.3ミリと1.4ミリとでは、一見したところ呼び寸法の違いだけで互換性がありそうな気がします。しかし、ぺんてるのマークシート用シャープの芯やコクヨの鉛筆シャープ用の芯、ステッドラーのMars micro carbonで確認した限りでは、エモーションの場合、1.3ミリ芯では細くて芯受けに嵌らないようです。セロファンテープを間に噛ませて芯受けに嵌めることもできなくはないのですが、口金の穴が1.3ミリ芯に対して広いため、芯がグラついて書き心地もあまり良くありません。手に入りにくい・種類が少ないというデメリットはありますが、やはりここは1.4ミリ芯を使うしかないようです。


【関連リンク】
Faber-Castell - エモーション ピュアブラック ペンシル
アフィリエイトの文具評論家ブログ実装版 ファーバーカステル エモーション 138301
Stationery Meeting - 1.3mm芯と1.4mm芯

  1. 2018/10/01(月) 23:00:00|
  2. 0.2 - 1.8 mm
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

SHARBO X LT3とマルチペンを巡る雑考(4)

sharbox0401-1.jpg

回転式のマルチペンは、透明軸で見るとその機構を楽しむことができます。回転させると、代わる代わるそれぞれのユニット尾部が「山」を登り、「頂点」に立ち、「山」を下って行く様子は、見ていて飽きません。このあたりは、スライドレバー式や振り子式よりも美しい機構かもしれません。

sharbox0402.jpg

MONO graph MULTIのクリップを外した状態(右上が先端側)。グレーのパーツが「山」で、白のパーツが「登り下り」する可動ユニット。「山」の頂点には窪みがあり、この窪みにはまると、ユニットは固定される。

回転式には、「行き止まり」があるタイプと、「行き止まり」がなくいつまでも回し続けられるタイプがあります。シャーボXは行き止まりがないタイプです。回し続けられるタイプのメリットは、例えば三色の場合、ユニットをA→B→C→A→B…と回せるので、CからAに替えるのが一回で済む点です。行き止まりがあるタイプでは、戻ってC→B→Aと回さなければなりません。

sharbox0403.jpg

この二本はどちらも、三つのユニットを持つ透明軸の回転式ですが、uni Colorの三色シャープ(画像下)は「行き止まり」があるタイプで、プラチナのダブルR3アクション(画像上)は「行き止まり」がなく回し続けられるタイプです。この二本を見比べてみると分かるのですが、基本的な構造(ユニットを出す仕組み)において両者はほとんど違いはなく、uni Colorの方が両端でそれ以上回らないよう可動部を突起で抑えるようになっている、という点ぐらいにしか違いはありません。

上で述べたように、場合によっては「戻って、一つ(またはそれ以上)のユニットの出し入れを経由して替える」のは面倒なので、同じ構造にも関わらず、なぜあえて「行き止まり」を作るのだろうかと思ってしまうのですが、この「行き止まり式」にもメリットがないわけではありません。両端のユニットは、「行き止まり」まで回し切ることで出てくるので、ついつい回し過ぎて山を「通過」してしまうことがありません。とりわけ、静音設計のシャーボXでは「頂点」に立ったユニットが「かっちり」と固定されているかどうか分かりにくいため(この「かっちり」は、頂点の窪みでユニットがしっかり固定される様子でもあり、その音でもあります)、先端を露出させたつもりで書いてみたら、先端が潜ってしまう…というケースが結構ありますからね。

ユニットを替えやすいか・先端を確実に出せるか・切替時の音が気にならないか…というそれぞれの要素は、どれかを取ればどれかを犠牲にしなければならなくなるのが、なんとも歯がゆいところですね。

sharbox0404-1.jpg

オートのカプセル4。四つのユニット(0.5黒、赤、0.7黒、シャープ)を持つ回転式でありながら「行き止まり式」のため、0.5黒→シャープに替えるには、間に二つのユニット出し入れを挟まなければならず、まあ、このあたりがオートらしいところと言うか…。

  1. 2018/05/15(火) 23:00:00|
  2. multipen
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

SHARBO X LT3とマルチペンを巡る雑考(3)

多色ボールペンや多機能ペンには、さまざまな種類の先端(ユニット)を出す/収納する機構があります。今回は、それらの機構について取り上げてみたいと思います。

sharbox0301.jpg

上は無印良品の六角6色ボールペン(黒・赤・ピンク・オレンジ・水色・青)、下はイタリア製の10色ボールペンMAGIC 10-IN-1(赤・黒・青・茶・水色・オレンジ・黄・藤色・黄緑・ピンク)。MAGIC 10-IN-1は、後ろのスライドレバー部分を回して、出したい色のユニットに合わせて押し出す仕組み。

まず多色ボールペンや多機能ペンで最もポピュラーな機構は、「スライドレバー式」です。大抵は尾部に複数のスライドレバーがあり、出したい色のレバーをスライドさせて先端を出す仕組みです。この機構の利点は、出したい色を一度で確実に出すことができる点と、別の色の切り替えが一つの動作で済むことです。この確実さと切り替えが容易なこともあって、一つの軸に多数(とりわけ5つ以上)のユニットを入れたマルチペンのほとんどは、スライドレバー式を採用しています。難点は、どうも安っぽい作りのものが多いというのと、切り替え時の音が大きいという点でしょうか。かつて売られていたような、高級感のあるスライドレバー式のボールペンが現行品でも欲しいところです。

sharbox0302.jpg

上はパイロットの振り子式4色ボールペン(黒・赤・青・緑)、下はドイツManufactumのボールペン3色(黒・赤・青)+ シャープペンシル(0.7mm)。パイロットの4色は4色入りとは思えない細い軸が特徴的。Manufactumの多機能ペンは、色表示ではなくドイツ語の表記(SCHWARZ・ROT・BLAU)なのがカッコいい。

ちょっと高級なものになると、「振り子式」があります。振り子式でよく知られているのは、なんといっても「LAMY 2000」の4色ボールペンでしょうか(あいにく私には買う機会がなく未だ所有していません…)。出したい色の表示を上に向けてノックするとその色が出てくるというなかなか凝った仕組みで、パイロットの多機能ペンで初めてこの機構を知った時は、自分が今見ている色表示をペンが知っているということに奇妙な感覚を覚えました。この機構では一つのノックボタン(と多機能ペンではリリース用のボタン)だけで複数のユニットを出すことができるので、軸のデザインがシンプルにできるメリットがあります。ただ、出したい色の表示をいちいち上に向けるのが思ったより面倒なのと、ペンによっては振り子が中でカチャカチャ音を立てるのが気になるのが難点です。また、違うユニットに切り替える時は、ノックボタンを押して収納→別の色の表示を上に向ける→ノックして出す、という作業が、スライドレバー式よりも手間がかかります。

sharbox0303.jpg

上はゼブラのニュースパイラル2+S(ボールペン2色+シャープ)。中のボールペンリフィルは4Cで、シャープユニットはシャーボXと互換性があるので、0.7mmや0.3mmに変えることもできる。

シャーボXにも採用されている「回転式」は、前軸または後軸を回すことでユニットを切り替える機構です。この機構では、回し続けることができるものと回していると「行き止まり」になるものがあります。この機構上、隣のユニットを一つ以上「飛ばして」出すことができないので、4色(または3色+シャープ)以上になると、切り替え時に場合によっては何回も出し入れする必要があるのが面倒な点です。振り子式と回転式は、機能的観点と実用的観点から考えても、5色以上のものは恐らく作られていないかと思います。

sharbox0304.jpg

ついでに、今回もうひとつ紹介したい機構があります。最近まで知らなかった機構なのですが、このボールペン、ノックをするたびに違う色(黒・赤)が交互に出てくる仕組みなのです(movie)。この機構の正式名称は分からないのですが、仮に「スイッチノック式」と呼んでおきます。これも振り子式同様、ノックボタン一つで複数色を出すことができるのですが、もしこれが三色以上になると、切り替えの際にはかなり面倒なことが想像できます。三色以上のスイッチノック式があったかは不明ですが、あったとしても実用的ではなかったろうことは容易に窺えます。多色ボールペンで一派を作ることなく、今では歴史に埋もれた存在になったのも由なしとしないのでしょうが、内部の作りなど、非常に興味深い機構ではあります。

それぞれの機構を見てみると、これこそが最高、というものが決してあるわけではなく、月並な表現ですが、それぞれに一長一短があります。マルチペンを選ぶ際には、切り替えがすぐ出来たほうがよいか、切り替え時に音が出ないほうがよいか、実際何色あれば十分か、好きな軸はどんなタイプか…などといった諸要素を挙げてみて、その中で自分にとってどれを優先的な要素とするか考えて選ぶのが良いかと思います。
  1. 2018/04/18(水) 00:00:00|
  2. multipen
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

SHARBO X LT3とマルチペンを巡る雑考(2)

筆記具の「用途」は、書くこと以外にもあると私は考えています。とはいえ、書くことを本来の用途とするなら、それはカッコ付きの「用途」となってしまうのかもしれませんが。例えば会議などで多機能ペンを持っているとき、筆記以外の場面ではどうしているでしょうか? 軸を指で撫でてみたり、シャーボだと右に回したり左に回したり、ノック式だとノックで先端を出したり収めたり、スライドレバー式だと代わる代わるレバーをスライドさせてみたり…。手持ち無沙汰なときは、そんな感じでペンをいじってしまいます。

sharbox0202.jpg

スライドレバー式のポピュラーなタイプ。上はパイロットのフレフレビートニック、下は日光ペンの多色ボールペン。フレフレビートニックは、多機能ペンでありながらシャープユニットはフレフレ式になっている珍しいタイプ。日光の多色ボールペンは3つのレバーがあるが、その内2つは黒(0.7、0.5mm)。

sharbox0201.jpg

軸の中ほどにスライドレバーがついているタイプ。上はKANOE(森田製作所)の2色ボールペン、下はウィルソン4色ボールペン。ウィルソンのボールペンは、昔のスライドレバータイプをモチーフにしたもので、現在も雑貨屋などで手に入る。見た目は高級そうではあるが、天冠部分がプラスチックでしかも塗装が剥がれやすい。いずれも4Cリフィルを使用できる。

sharbox0203.jpg

振り子式の多機能ペン。上はパーカーのベクター3in1、下はパイロットの初代2+1。ベクター3in1は横のボタン、初代2+1はクリップの付け根部分を押すことで、先端を収納することができる。ベクター3in1はシャープユニットが珍しい0.7mm。初代2+1は1977年5月発売で、実は初代シャーボ(1977年12月発売)よりも早く発売されている。ステンレス軸に蝕刻加工のグリップが美しい。

このように筆記具には、書くという側面以外にもfidget(手すさび)としての側面もあると言えるでしょう。むしろ、軸の質感やギミックは、フィジェットにおいてこそ味わえると言っても過言ではありません。それは本来の使用ではないとか、筆記具の本質ではないとはいっても、決して見逃せない要素だと思います。場合によっては、筆記よりもフィジェットとして接する時間の方が長いことだってあるはずです。

sharbox0204.jpg

初代シャーボとシャーボX LT3。LT3はボールペンユニットが2色あるが、軸の長さや太さは、ボールペンユニット1色の初代シャーボとほぼ変わらない。シャーボを象徴する初代シャーボの格子カッティングは、シャーボXでもラインナップしてほしいところ。

フィジェットの観点から考えると、このシャーボXは非常にありがたい作りになっています。上で挙げた例でいうと、ノックボタンを押したりレバーをスライドさせるとき、音が出るのが困りものです。誰かが会議中や電話で話しているとき、手持ち無沙汰にカチャカチャ音を立てている人がいると、どうしても音が気になってしまいます。これはシャーボの他のモデルにしても同様で、右に回してカチッ、左に回してカチッ、というのがやはりノイズになってしまいます。その点、シャーボXだと先端を出すときにも音が出ないので、いくらいじっても周りに迷惑をかけません。しかもシャーボXは、従来の「右に回すとシャープペンシル、左に回すとボールペン」とは違い、一方向に回し続けることができる(リレー式に先端が出る)点で、フィジェットの選択肢も広がります。

sharbox0205.jpg

実はもう一点、シャーボXには「いじってしまう」箇所があります。シャーボXのクリップはバインダークリップなんですが、これもついつい指で開いたりしてしまいます。とはいえこれはおすすめできません。私も調子に乗って(?)何度もクリップをこじ開けていたら、クリップのバネが若干緩んでしまいました…。くれぐれもフィジェットはほどほどに。
  1. 2018/04/10(火) 00:00:00|
  2. multipen
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ