the uncomfortable chair

好きなものや思ったことなど。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

無印良品「ABS最後の1mmまで書けるシャープペン」



最近「普段使い」で好んで使っているのがこのシャープペンです。ABS軸が多少チープな感じもしますが、価格も手頃(税込450円)で、ファミリーマートあたりでも手に入るので気軽に使えるのがいいのですが、それだけではなく機能面でも気に入っています。

このシャープペンの特長は、そのものズバリの商品名「最後の1mmまで書けるシャープペン(以下「最後の1mm」)」が示す通り、最後(1mmは大げさですが)まで先端で芯をホールドするため、残り芯が少ないという点にあります。先端部はパイプではなく芯ホルダーのようなクラッチ(先端チャック式)になっており、先端ギリギリのところまでこのクラッチで芯を掴むため、芯が最後まで抜け落ちることなく書けるようになっています。このタイプの機構を持つシャープペンは、プラチナでは「ゼロシン」、パイロットでは「クラッチポイント」という商品名で売られています。「最後の1mm」を含めこの3本は、おおよその作りは同じですが、それぞれ微妙に違っています。


左: プラチナMZ-500A、右: パイロットHGWN-150R

プラチナのMZ-500Aは「最後の1mm」と同価格帯(500円+税)、パイロットのHGWN-150Rは「クラッチポイント」機構を持つ現行品では最も低価格(1,500円+税)のものです。パイロットでは以前500円のクラッチポイントが出ていたのですが、現在は廃番のようです。



この機構のシャープペンは、芯が出る際に先端が前に出ます。1度のノックで、先端チャックが閉じた状態(A)から、先端が前に出ることで先端チャックが開き(B)、その後で内部のチャックが開いて芯が出る(C)仕組みです。この先端が動く仕組みのため、芯の出具合を確認しにくく結構ストレスを感じるのが、先端チャック式の難点と言えるかもしれません。「最後の1mm」は、他の機構に比べてこの先端の動きが比較的抑えられています。また、2回目以降のノックで、(A)まで戻らず(B)の状態で留めて(B)→(C)→(B)→(C)…を繰り返せば、先端を動かすことなく芯を繰り出すことができるのですが、「最後の1mm」以外の先端チャック式シャープペンは、この(B)で留めるのが難しいように思われます。

※ちなみにパイロットのクラッチポイントは「グランセ」の機構にも採用されていますが、こちらの方は高級なだけあって(5,000円+税)作りもしっかりしており、ノック時の先端の動きも抑えられているようです。

さらに「最後の1mm」が優れている点は、他の先端チャック式シャープペンにはないクッション機構を有している点です。お手頃価格のシャープペンですが、先端チャックにクッション機構と、実に「豪華な先端」になっています。



「最後の1mm」を分解してみるとこんな感じになります。軸尾部はクリップを付けない状態で組み立て直すこともできます。また、内部パイプを切って若干短くすることで、ノックボタンの長さも調節できます。さらに、先端チャックと内部チャックの各パーツをマイクロドリルで拡げることで、0.7mmや0.9mm芯の先端チャック式シャープペンを作ることができます。0.7mm芯ならば0.5〜0.6mm、0.9mm芯ならば0.7〜0.8mmのドリル刃を使って拡げていきます。



それぞれのパーツは穴を拡げすぎると元に戻せないので、徐々にドリルで拡げ、何度か組み立ててみて、上手く繰り出せるか確認しながら作業するのが良いかと思います(個人的な経験では、削る時間が短いほど上手く行くようです)。特に、先端チャックは内部チャックと違い、実際に組み立ててみないとどれだけホールドするかが分かりにくいので、注意が必要です。



手前が現在私が使っている「最後の1mm」です。芯径は0.9mmでクリップを外し、デフォルトでは若干長めになっているノックボタンを短くしています。丸軸のためコロコロ転がってしまいますが、頻繁に使う場合はクリップなしの方が断然書きやすくなります。




最後になりますが、この「最後の1mm」の軸を見て、これは以前三菱鉛筆から発売されて現在廃番となっている、milino(ミリノ)ではないかと思われた方もいらっしゃるかもしれません。私もそう思い、文房具店を探してやっとミリノを見つけたのですが、確かに比べてみると、とりわけ手前のM5-510は見た目が全く同じように見えます。



しかしながら、機構に関して言えば全く別物です。先端チャックは「ゼロシン」と似た形で、ノック時の先端の動きも「最後の1mm」より大きく、さらにクッション機構もありません。しかも口金を外すこともできず分解もできないようになっています。形状がこれだけ似ているので、ミリノは「最後の1mm」のいわば「元ネタ」なのでしょうが、何故機構がこれだけ異なっているのかが気になります。私が持っているミリノは初期のもので、廃番になる前に「最後の1mm」と同じ機構になり、無印良品へと受け継がれたのかもしれません。そのあたり何かご存知の方は教えていただけたらと思います。

FC2 Management
  1. 2014/06/24(火) 00:30:00|
  2. 0.2 - 1.8 mm
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

"Function 34579"

coleto_4.jpg

パイロット「ハイテックCコレト」の5色対応軸を購入しました。多機能ペンでは「シャープユニットは1か所のみ」が標準ですが、ハイテックCコレトや三菱のスタイルフィットではどのマガジンにもシャープユニットを入れることが可能で、すべてのマガジンをシャープユニットで埋めることもできます。

もちろんシャープペンシル好きの私としては、すべてのマガジンにシャープユニットを入れてみたいと思っているのですが、ハイテックCコレトのシャープユニットは0.3mmと0.5mmのみ(もちろん、0.3mmユニットなんてあるのは凄いことですが)。5色軸ではマガジンが3つも余ってしまう。ここに消しゴムユニットを入れたり、0.5mmに色芯を入れたユニットを追加するという方法もありますが、それではなんか芸がない。何より、0.7mm使いの私としては、0.7mmユニットがないのが気に食わない…。

というわけで作ってみたのが上のシャープ。いうまでもなく見たところでは、すべてのマガジンにシャープユニットが入っているという点以外に変わったところがありません。しかしこれ、実に珍しいシャープなのです。0.7mmのユニットを作っただけでは飽き足らず、他にも…というわけで、(別のメーカーの商品名からのパクりですが)別名「Function34579」と個人的には呼んでいます。

作り方はそれほど大がかりなものではなく、例のごとく「極細マイクロドリル刃」を使って穴を拡げていくだけです。0.4mmは0.3mmシャープユニット、0.7mmと0.9mmは0.5mmユニットの穴を拡げます。

注意したいのは、0.4mmユニットが各社まちまちの太さであること。これは0.4mm芯がJIS規格にはない規格ということもあります。Aのメーカーではちゃんと使えたのに、Bのメーカーではクラッチがホールドしない…ということもありますので、自分の使う芯を指定したうえで穴を調整しましょう。

それとこの改造で一番難しいのは0.9mmです。他の芯径は先端パイプとクラッチを拡げるだけなのですが、0.9mmとなると、中の機構部分も拡げなければなりません。これがなかなか面倒で、しかも上手く出来る保証もなかったりします。極細ドリル刃と極細のやすりを使いながら拡げていきます。芯は構造上、前から入れる形になります。

34579_2

以前、PRO-USE 357を777にするという恐ろしいことをやってしまいましたが、この方法を利用すれば、3本を集める必要はなく、2本で済みます(それでも集めるのは大変ですが…)。それと0.7mmから0.9mmの改造も0.5とは違い容易にできそうな気もします。479とか、マイナー規格だけ集めたシャープペンシルも面白そうですね。

coleto34579pencil.jpg

  1. 2013/11/12(火) 23:19:57|
  2. 0.3 - 0.9 mm
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

Lamy Safari 2.0mm pencil

safari20-1.jpg

どうもお洒落な文房具というのが苦手で、このラミーのサファリもあまり食指が動かなかったのですが、これが芯ホルダーだと多少はよさそうかもしれないと思い、改造芯ホルダーを作ってみることにしました。当初はいつものドロップ式機構を使って作ろうと思っていたのですが、上の画像にあるように、ノック式の2mmペンシルで、まさにサファリにピッタリの部品を見つけてしまいました。そんなわけで今回は、ラミーサファリ芯ホルダーの改造法を紹介します。今回の改造は、すでにエントリしているGraph600の改造芯ホルダーよりは容易にできるかと思います。

safari20-2.jpg


用意するものは以下の通りです。

●Lamy Safari Pencil
●伊東屋2.0mm芯シャープペン(木軸)
●エポキシ樹脂系接着剤(2液式のもの)
●のこぎり刃(薄刃のもの)
●紙やすり

のこぎり刃は普通のカッター刃でも可です(ただし後述する作業に多少時間がかかります)。また、接着剤は必ずエポキシ樹脂系のものを使用しましょう。アロンアルファのような強力接着剤は、衝撃に意外と弱く、取れた後に付けなおすのが難しいものがほとんどです。また、隙間を詰めるためにもエポキシ樹脂系のほうがよいかと思います。本格的な工具は全く使いません。

safari20-3.jpg

サファリを分解するとこのようになります。加工するのは口金部分のみで、軸は全く加工しません。消しゴムパーツのクリーナーピンは取り外して置きます。内部機構は使用しません。

safari20-4.jpg

伊東屋の2mm芯ペンシルは、木軸を割って内部機構を取り出します。軸は鉛筆と同じインセンスシダーで出来ているので、容易に割ることができます。使用するのは内部機構と口金のみ。この口金がサファリにピッタリな大きさだというのを発見したときは、思わず興奮してしまいました。

safari20-5.jpgsafari20-6.jpg

加工らしい加工といったらこの口金部分くらいです。テーパーと結合ねじ部分を切り離し、結合ねじ部分の切断面をやすりで平滑にしたあと、伊東屋2mm芯ペンシルの内部機構をとりつけます。はめ込む形ではなく補強が必要なので、エポキシ樹脂系の接着剤で接着します。接着後、伊東屋2mm芯ペンシルの口金を取りつけます。

safari20-7.jpgsafari20-8.jpg

内部機構のパイプはこのままだと軸に入らないので、尾部をやすりで削り細くします。このパイプはノック時に動くため、軸内にパイプを「はめる」のではなく、パイプが「通る」くらいの細さにする必要があります。消しゴムパーツはパイプに入れるのですが、パイプより若干細いので、マスキングテープを巻いておくとよいかと思います。

また、パイプもこのままでは長すぎるので、調整する必要があります。実際に組み立てながらパイプをすこしずつ切ってみる(やすりで削ってみる)とよいかと思います。ここで気をつけてほしいのは、パイプの長さ調整は必ず芯をホールドした状態で行うこと。これをしないと、芯をホールドした際にパイプがもぐりこみすぎて、ノックができなくなる恐れがあります。上の画像のとおり、消しゴムパーツの土台の黒い部分が少し(0.8mmくらい)出る程度がよいかと思います。
※調整してみてパイプを短く切りすぎてしまった場合、ノックボタン内部に消しゴムを詰めて「底上げ」すると、多少調整することができます。


tainaka.jpg


そんなわけで、どこにも売られていないラミーサファリの2mm芯ホルダーが完成しました。ここでエントリする前にtwitterでも紹介しており、実際に作ってみた方も結構いらっしゃるのですが、さほど困難もなく皆さん完成しているようです。接着剤の乾燥時間を除けば、おそらく1時間程度でできると思いますので、休日の午前中にでも、ちょっと作ってみてはいかがでしょうか(とはいえ、改造はあくまで自己責任でお願いいたします…)。
※上の画像、ラミーサファリのイエローペンシルということで、田井中律でも入れてみようかと思ったのですが、「けいおん!」買うのがちょっと恥ずかしかったので、別の田井中さんを画像に使ってみました(まあ、分かる人にしか分かりませんよね…)。




  1. 2010/08/09(月) 01:00:00|
  2. 2.0 - 5.8 mm
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:7

uni KuruToga 0.7mm

今のところ発売されていない、三菱クルトガの太芯仕様。0.7mmや0.9mmのシャープペンシルを好む私としては、もし太芯仕様のクルトガがあるとすれば、その使用感や描線がどういう感じになるんだろうと考えていました。0.7mmや0.9mmでは、いわゆる「偏減り」状態のときに0.3mmや0.5mmのそれよりも偏減りの度合いが大きくなるはずなので、これらの芯径のシャープペンシルに「クルトガエンジン」が搭載されていると、何か便利そうな気もします。

そんな折、「極細マイクロドリル刃」の存在を知り、これを使えば0.5mmしか芯径のないシャープでも、好みの0.7mmや0.9mm用シャープに改造できるのではないかと思いました。そこで、一番興味のあるクルトガの太芯仕様を早速作ってみようと考えた次第。いろいろ紆余曲折あった末、ようやく実用的な改造が出来るようになりました。

というわけで、今回は改造版クルトガ0.7mmを紹介します。「0.7mm」と書きましたが、部品をそろえれば同じような作り方で0.9mmも作ることが出来ます。また、450円版のクルトガもハイグレード版も全く同じ加工となります。なお、アルファゲルのクルトガは先端部分の作りが違うので、この加工法では改造できません。

kurutoga_07_01.jpg

Disassemble KuruToga's terminal unit

まず、クルトガの先端部をこんな感じで分解します。口金パーツ(黒いプラスチックのパーツ)から先端の金属パイプ部分を外します。

kurutoga_07_02.jpg
Pull out a 0.7mm guide pipe from the "Uni Color" pencil

0.7mm芯用のパイプは、「uniColor 0.7mm」シャープのガイドパイプを用います。私の知るかぎり、手に入りやすい0.7mmのシャープでは、これが一番金属パイプ部分を取り外しやすくなっていると思います。口金が金属のものは、取り外すのが難しく、工具で取り外す際にパイプを歪めたり傷つけたりする恐れがあるので、お薦めできません。なお、0.9mmシャープでは現行品でお薦めできるものが見つからないのが現状です(何かいいものがありましたら教えてください)。

kurutoga_07_03.jpg
2.0 mm round soft-plastic beam

これは模型店で手に入る2mm径のプラ棒(商品名は「透明ソフトプラ材2mm丸棒」)。口金パーツの穴にこのプラ棒を差し込みます。

kurutoga_07_04.jpg
Insert the plastic beam into KuruToga's tip

口金パーツの穴は約1.5mmなので、ドリルで穴を2mm程度まで拡げ、プラ棒を差し込みます。大体5mm程度差し込めば大丈夫です。

kurutoga_07_05.jpg
Make a hole with a micro drill and insert the guide pipe

これが今回の改造の中で一番手間が掛かるのですが、プラ棒を詰めた口金先端部の中心に極細ドリルで穴をあけ、0.7mm芯用のガイドパイプを差し込みます。0.7mmパイプの外径にあわせるので大体0.9mmくらいの穴になります。最初は目標の直径よりも細いドリル刃を使い、次第に太くしていくという感じで穴をあけていくとよいでしょう。もちろん中心からずれると、パイプを差しても芯が出せなくなるので、ここは慎重な作業が必要です。

kurutoga_07_06.jpg
Widen KuruToga's clutch with a drill so as for it to hold a 0.7mm lead

極細ドリル(0.7mm前後)を使って、金属チャックを0.7mm芯にあうように拡げます。拡げすぎて芯がホールドできなくなるとやり直すことが出来ないので、実際に0.7mm芯を入れてみて大丈夫かどうか何度も試してみるとよいでしょう。なおこの際、ドリルを回すとクルトガ機構のため金属チャック部分ごと回ってしまい削れないので、ドリル刃を出し入れする感じで削るとよいでしょう。

また、0.7mm芯を挟めるようになったものの、上手く繰り出しが出来ないことがあります。これは削りが少ないためで、実際に芯を入れ口金パーツを取り付けた状態でノックしてみると、ノックのストロークが短く、カチカチというクラッチが開く音がしません。これも何度も実際にパーツをはめてみて上手くできるかどうか何度も試しながら削ってみるのがよいでしょう。

kurutoga_07_07.jpg

そんな訳で、他に大掛かりな加工もすることなく、あとは組み立てなおすだけでクルトガ0.7mmの完成です。芯ホルダー改造のように手が痛くなるまでひたすら金属を削るといった作業の必要はない分、簡単で楽かもしれませんが、細かい作業は多少目が疲れるかもしれませんね。

【参照】
uc_2:
改造の失敗
改造の成功
KURU TOGA 0.7mmへの準備




  1. 2009/11/30(月) 00:30:00|
  2. 0.2 - 1.8 mm
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

Pentel Graph 600 0.5 mm into 2.0 mm #4

先ほどエントリしたばかりですが、もうちょっとなので、完成まで進めたいと思います。

3, 内部パイプの調節→完成

into2mm4.jpg

STILUS SECOLGRAF 151 TOTOMINAのノック部はこのように取り外すことが出来ます。ほぼ同じ作りの芯ホルダーでAlvin"TECH DA"やCretacolor TOTIENSがありますが、これらの場合は取り外せないので、以下で紹介するパイプの長さ調節をすることは出来ません。

into2mm4_2.jpg

ノックボタンを外した状態でパイプを切るのですが、パイプを切るのにこのパイプカッターがあると便利です(大体800円くらい)。とはいえ、内部パイプはアルミ製で軟らかいため、工作用のカッターを使って切ることも可能だと思われます。切り取る前に、ノックボタンを外し仮組み立ての状態で、ねじ込み部分も含めた大体の切りとる長さを決めておきます(多少残す程度で切ると良いでしょう)。

into2mm4_3.jpginto2mm4_4.jpg

切り取った後、パイプに螺旋の溝を付けて取り付け直します。これは意外と簡単で、パイプを紙やすりで削りながらノックボタンを何度もグリグリとねじ込んでいくと、綺麗に螺旋の溝が出来ます。もちろん、これだけでは外れてボタンが飛んでいく恐れもありますので、取り付ける際には接着剤をつけて補強したほうが良いかもしれません。

into2mm4_5.jpg

撮影しながら工作すると、まとまった時間が必要となるので、最初のエントリから完成するまでにずいぶん時間がかかってしまいました。それにしても、長時間棒やすりとドリルを使うと手が痛くなります・・・。テクニックも大掛かりな機械も要しない簡単な改造なのですが、この点だけが難点ですね。


  1. 2009/06/10(水) 00:00:00|
  2. 2.0 - 5.8 mm
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。